• CONCEPT
  • PROFILE
  • WORKS
  • LESSON
  • STAGE OFFERS
  • ACCESS
スタッフブログ

資格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロとはなにか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分1人づつ定義は違って、価値も違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし証明されるものとして「資格」というモノがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験料や当日までに受講する講習会の参加費などはかかるものだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それについて学びました」、「努力しました」、「基準をクリアしました」

 

 

 

 

 

 

 

 

という、保証がなされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加治屋組も二人とも教師免許を取り活動している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段生徒さんに提示したりすることは無いが

 

 

 

 

 

 

 

 

社交ダンスの教師免許はれっきとした「国家資格」である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持てば凄い!というレベルの低い話では無く、

 

 

 

 

 

 

 

 

これが無ければスタジオを開いたり出来ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近アマチュアでもインストラクターという名の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにがしかの合格証が発行されているようだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それとプロを混同しないで頂きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちプロは実践、経験により

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に 「見せる」 「触らせる」 事が出来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただどこかで得た知識を口伝で教え、

 

 

 

 

 

 

 

 

「先生」と呼ばれているワケでは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロに安いプランで習い、それを初心者に教えたつもりになって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低額とはいえお金を取るアマチュアがいることで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンス界のバランスを壊してゆく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーチャーに習ったり、海外へ挑戦したり、トレーニングキャンプに参加したり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロはリスクを背負いながらも、自分自身を高めながら生徒さんをとっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資格がすべてでは無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実践が全てでも無い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし 「今日からダンスを教えます」 と言って、お金を頂き、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生と呼ばれてしまうことが可能なのがダンス界の怖いところだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうか習う側のひとには、見る目・価値観を持って選んで欲しいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時にやはり教える側になるのであれば

 

 

 

 

 

 

 

 

最低限の資格・証明を取る努力はすべきだとも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資格のない「先生」はアマチュアと境界線が無いことは確かなのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれにせよ、ダンス界の秩序を乱したり、プロの価値を下げることは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロもアマもすべきでは無いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

01125_02__YOP0729.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前へ
次へ
  • LINE@×TDCE
  • FACEBOOK
  • BLOG