• CONCEPT
  • PROFILE
  • WORKS
  • LESSON
  • STAGE OFFERS
  • ACCESS
コンテンツ

British Championships

今年も参加してきました世界で一番ビッグなコンペ。

 

結果はライジング・本戦共に2次予選まででしたが、良いダンスが踊れたので

結果的には参戦して良かったと思います。

 

今回は競技風景をYou tubeで生放送されたので、自分達のダンスも初めて見る事ができ

あ~こういう風に見えるんだなと勉強になりましたwink

 

 

今年はドイツで行われたラルフ・レピーネ先生のダンスキャンプに参加してからの渡英でしたが

今回はかなり収穫があり、加治屋史上最高の留学となりました。

 

 

しかし今回のダンスキャンプ、けっこうキツかった・・・

 

今までは午前と午後の計3時間ほどがグループレッスンで、

それ以外にバレエやフィットネス、ズンバといったトレーニングがあり

最後に2時間ほどの踊り込みを5日間行うのが通例でしたが、

今回は最初の2日間がすべてグループレッスンで、後半3日間がすべて踊り込みという内容でした。

 

2日間まるまるグループレッスンというのもなかなかハードだと思いますが

(踊るというよりもお勉強会みたいなカンジです)

後半3日間の踊り込みはそりゃもうきつかった・・・coldsweats02

 

ふつう踊り込みと言ったら、参加人数にもよりますが、ヒート分けがあり

自分のヒートだけ踊るので休む時間があるのですが、鬼ラルフ先生は違います。

 

ヒート分けはあるにはあるのですが(でも2ヒート、たまに1ヒート)、

 

「パワーラウンド」とラルフ先生が言い出したらもう大変。

 

何が大変かって、ヒート間にシャドーでひたすらジャイブを、しかもフリックのみを1曲やりつづける・・・

さらにちょっとでもサボるとラルフ先生が飛んでくる・・・shock

 

 

例)1ヒートチャチャチャ→みんなでフリック地獄→2ヒートチャチャチャ→

  みんなでフリック地獄→1ヒートサンバ→みんなで(以下ループ)

 

 

これを時間の許す限りひたすらやります。

 

1日4コマ、1コマ/45分なのですが、今回は2コマ連続とかがなかったのでまだ良かったです・・・

 

いつもはこのパワーラウンド自体あまりないのですが、

今回はなぜかほぼ全てのコマで「パワーラウンド」と鬼先生が言い出すもんだから

ホントに鬼に見えました・・・

 

 

もう最後の方はフリックじゃなくてただの痙攣でした。

ただピクピクしていただけでした。

 

 

この踊り込み以外にプライベートレッスンが入るので、

踊り込み→レッスン→踊り込み→お昼休み→踊り込み→レッスン→踊り込み→レッスン→真っ白になる

見たいな日も出てきます。

 

 

ちなみに僕たちは参加していませんが、今年1月のダンスキャンプは

1ヒートのみですべてパワーラウンド、3日で170曲踊るという暴挙・・いや快挙を成し遂げたそうです。

 

日本ではここまで踊り込むことはまずないので、貴重な時間なんですけどねcatface

 

何はともあれ、ものずごく収穫があったので今回の留学は大成功でしたspa

前へ
次へ
  • LINE@×TDCE
  • FACEBOOK
  • BLOG